WFC-K06
WARPATH
(ウォーパス)
-DELUXE CLASS-


【ビークルモード】



真っ赤な戦車に変形。
旧玩具はM551・シェリダンがモチーフとのことですが、今回のは少しアニメに寄せた感じになってます。


サイドから。


砲塔部分は回転可能。
砲身も上方向に動かせます。





【ロボットモード】

全身真っ赤なロボットモード。
背面の腰辺りのパネルは上に倒す写真も見かけますが
背中の凹ジョイントの邪魔にもなるのでこちらでは下げた状態にしています。


頭部アップ。
シンプルだが劇中のイメージ通りの頭部。


正面から。
胴体部変形用のフレームパーツと、ちょっと足が大きいのが気になりますが
とはいえかなり劇中のイメージ通りのスタイルになっています。


可動はこれまでのWFCトリロジーのアイテムと同等の仕様。
このデザインでもちゃんと足首は横方向に動きます。
ただし前後の可動はありません。


腕部は干渉するものもなく動かしやすいですが、肘の可動は90度ぐらいまで。


上腕部は白い成型色に赤く塗装されています。
キャタピラ部とつながっているので白い成型色を使用していると思われますが、
キャタピラ部分はその白いパーツの上からさらに白の塗装がされています。


あと上腕部と手のパーツの成型色を分けた恩恵か、デラックスクラスながら手首が回転します。
腰は回転可能、頭部も若干ですが上下に動かせます。


胸の砲身部分はロボットモードでも伸ばすことが出来ます。


ロボットモードでも上方向に動かせます。





ビークルモードのパーツを盾として装備。
ザクっぽい装備。


劇中にはないギミックですが、キャラ的には違和感がない装備だと思います。






他の戦車と大きさ比較。
元がミニボットなので少し小型の戦車。


SIEGEやEARTHRISEの他のアイテム、クラスと大きさ比較。
クリフジャンパーやサイドスワイプなどと並べても絶妙な大きさ。
そして画面が赤い!インフェルノを早く!






左から
GENERATION「WARPATH」
KINGDOME「WARPATH」
GENERATION版はやはり四脚戦車というのがどうにも馴染めない・・・。
あと長いミサイルの呪い


ロボットモードで。
GENERATION版は現代風にアレンジされつつ、ちゃんとウォーパスのイメージも残しているのがよいですね。
デザインの方向性が違うだけでどちらもよいものだと思います。





以上、TRANSFORMERS KINGDOM
「WFC-K06 WARPATH(ウォーパス)」でした。



動物勢に混ざってKINGDOMで赤い戦車がラインナップ。
これまでも割と商品化されることが多いキャラですが
他の戦車キャラの流用の場合もあったりするので、純粋なリメイクとしてはGENERATION以来ですかね。
今回の商品化ではデザインやサイズ感も個人的にはかなり理想的な仕上がりで
特にサイズに関しては、ここ数年の同じクラスでもコストのかけ方で大きさを調整するやり方が
旧玩具では所謂ミニボットという括りながらビークルモチーフや
劇中での大きさのバランス取りが難しいウォーパスにうまくハマった感じがします。
取り外し式の盾パーツは出来れば折りたたんで脚部に収納して欲しかったな、とは思いますが
肩と付けていてもそれほど見た目的にも邪魔ではないので個人的には許容ないかなあと思います。