-TRANSFORMERS GENERATIONS-
CYBER BATTALION

「STARSCREAM」

(スタースクリーム)


The Power-hungry DECEPTICON fiendishly plots to overthrow MEGATRON.





GENERATIONSシリーズの新しいカテゴリー「CYBER BATTALION」から
「STARSCREAM(スタースクリーム)」がラインナップ。
またお前か!(^^)


このシリーズは変形パターンや各部の構造を極力シンプルにしてパーツ数を減らし、
大きさのわりに定価価格となるように設計されたシリーズ。
内箱もとってもシンプル。
なんか貼り付けにされてるみたいにも見えますが(^^;)



【ビークルモード】



ジェット機に変形。
変形ギミックはかなり簡単になっているので
手が丸見えだったり、足首パーツの処理が大味だったりします。


サイドから


正面から







【ロボットモード】



G1っぽさを残しつつ新たなデザインのロボットモード。
背中の主翼は箱絵だとまっすぐな状態で描かれていますが
せっかく可動部があるので、少し後ろ方向へ動かした位置で撮影しています。


頭部アップ
歴代のスタースクリーム玩具の中でも屈指のイケメンだと思うのですが。
なぜこのシリーズでそんな無駄な・・・・。


正面から。
下半身、特に腰まわりのボリューム不足からくるバランスの悪さが気になるものの、
ちゃんとスタースクリームしています。


可動は基本的には最小限。


腕まわりは肘が可動しますが横方向へのロールはなし。
肩は横方向へ動かせますが、変形ギミックで使用する可動部の恩恵なので
同シリーズの他のアイテムでは標準な仕様ではないようです。


脚部は横ロールはありません。
それ以前に膝の可動もなし!
変形ギミックで必要であれば曲がるようになっているアイテムもあるようですが、
スタースクリームは曲がらないようになっています。
足首も変形用の可動のみ。


肘の可動部がタイヤっぽくなっていますが、ジェットモードで接地しないので単なる肘関節としてのデザインのようです。


武器はロボットモードでは上腕部に接続。
少しジョイント軸が長いですね。


腕に横ロール軸がないので、いまひとつかっこいいポーズが付けづらいですね。
しかし、本当に頭部の造形がかっこいい・・・。


頭部は横方向へ動かせます。
腕部がそこそこ動くのに対して、やはり膝が曲がらないのが致命的。
せめて最小限の可動範囲は欲しかったところです。


武器は手に持たせることも出来ます。


武器は5mmジョイントなので他のアイテムにも持たせられます。
そのうち武器だけ何かに流用されそうな予感。







大きさの比較用にCOMBINERWARS「SILVERBOLT(シルバーボルト)」と。
ほぼヴォイジャークラスと同じ大きさでお値段半分ぐらい。
満足感も半分。


COMBINERWARS「STARSCREAM(スタースクリーム)」と。






以上、CYBER BATTALION「STARSCREAM(スタースクリーム)」でした。

全体的にコストカット&値段高騰の中、大きさはそれなりで、
構造や変形をよりシンプルにした本シリーズの第一弾。
以前、BEASTHUNTERS(ビーストハンターズ)シリーズでレジェンズクラスのアイテムを
そのまま拡大したかのような似たようなコンセプトのアイテムが発売されましたが、
あれをさらに煮詰めてちゃんとシリーズとして発売したという感じです。

値段は確かにそれなりに安くはなっているのですが、やはり可動が少なめなのは残念。
せめて膝は可動して欲しかったかな・・・というのが正直なところ。
とはいえ、本アイテムの性質を考えたらしょうがないのかなあ、と。
変形もするソフビみたいな感じ?

造形的には悪くないので、飾って気軽に変形させるにはいいアイテムなのかもしれません。