UW-04
ビルドロン合体兵士 デバスター

ついにあの巨人兵がユナイトウォーリアーズに参戦。









とても落ちつく配色の建機たち。


ロボットモードで勢ぞろい!
ロングハウルの体形も見慣れてきたぞ・・・。





-戦え!超ロボット生命体トランスフォーマー
第53話「スタースクリーム軍団」から-




メガトロン「これではラチがあかん!」


メガトロン「ビルドロン軍団!
トランスフォーメーション、デバスターだ!!」


はいー!

ギゴガゴゴ ガシーン




ギゴガゴゴ



フェィズワン!




フェイズツー!!


デバスター「ハハハハハ」

ナレーション「見よ、巨人兵デバスターの誕生だ」


メガトロン「早くあのクズどもを木っ端みじんに叩き壊せ!」


スタースクリーム「デバスターぐらいでこの俺様が慌てると思ったら
大間違いだぜ、メガトロン
!!」



ブルーティカスのページへ続く・・・









【ビルドロン合体兵士 デバスター】

6体の建機が合体して巨大なロボットに。


頭部アップ
国内版はツインアイとゴーグルを選択できるようになっています。
アニメでもカットによってコロコロかわるので人によってデバスターの顔のイメージが違うんですよね。


目の変更はギミックで再現。
交換パーツとかじゃなくてこういうギミックでの再現なら大歓迎。


正面から。
旧玩具ではちょっと無理やり感のあった合体でしたが、今回のリメイクではそのあたりをうまく処理しています。
ちょっと頭部が小さく感じますが実際にはあまり気になりませんでした。


可動はこの大きさでもよく動きます。
とはいえバランスや自重を考えるとポージングが大変ですが。


日本独自仕様の個別武器は背中にまとめて付けておけるので合体後も余剰にはなりません。


手は親指は固定、それ以外の指は4本繋がった状態で可動します。


左腕を前後に動かすときはブレード部を動かさないと干渉して動かしにくいです。


旧玩具と違い腕になる2体のキャタピラ部が胴体側に付いてる状態になるので
胴体のボリュームに対して少し腕が貧弱に見えるかも。


各所は数箇所のジョイントでガッチリと接続されます。


手首は上方向に反れたらグワっと手を広げたりできるのになあ。


あまり足を広げすぎるとさすがにスクラッパーの腕がつらそう・・・。


奥行きのある構図だとより巨大感が出て素敵。


国内版ではよりアニメのイメージに近い配色になっています。





やはり巨大兵士は下から見上げる構図が似合います。





サイバトロン基地を襲撃。。





合体時用の武器を装備。
特にジョイント等で接続せず、可動する指で保持します。





武器は結構大きいです。
スィンドルと並べてもこの大きさ!
「高く売れそうだな・・・・」


武器で戦うよりも素手で暴れるイメージのほうが強いかな。


武器自体に特にギミックはありません。


ゴゴゴゴゴゴゴ





CW「DEVASTATOR(デバステイター)」と比較。

説明書通りに合体させると左肩ボーンクラッシャーのブレードの角度が違ってますね。
国内版はつま先のミックスマスターに塗装が増えてるのがいいですね。





以上、UNITE WARRIORS「ビルドロン合体兵士 デバスター」でした。


もう今更大きさについて不満を言ってもしょうがないのでそのあたりは割愛。
今回の目玉は海外版からのビルドロンメンバー個別の変更、改修点。
関節構造の変更や個別武器の付属など海外版で物足りなかった部分がフォローされています。
合体後のデバスター状態でも海外版では通常販売版、SDCC限定版で使用違いとされていた
顔のツインアイとゴーグルの違いですが、国内版はなんとそれをギミックでどちらにもできるようになりました。
地味な改修点ですがツインアイ、ゴーグルそれぞれに思い入れのある人、
どちらにも対応できる素晴らしい変更点だと思います。

若干の塗装の違いはありますが、買うなら国内版のほうがおススメですね。




衛生兵 グレン
輸送兵 ロングハウル
採掘兵 スカベンジャー
破壊兵 ボーンクラッシャー
建築兵 スクラッパー
偽装兵 ミックスマスター